実務で使えるAutoCADコマンド・テクニック集(1)

実務で使えるAutoCADの製図スピードを上げるコマンド・テクニックを紹介します。

< 線の作図 編 >

AutoCADで最も使う「線の作図」に関わるコマンドやテクニックを紹介します。

まずは、基本的なコマンドから

L,PL,XL,REC,OF,MI,CHA,TR

などよく使います。(※フルコマンドは省略します。)

特筆することがあるコマンドだけ説明します。

1 PL

ポリラインは繋がった線を引けるだけでなく、「グローバル幅」を設定することで線の幅まで設定できます。
通り心上にPLで壁を作図することで1本のポリラインで壁厚を表現することができます。

例えば下の図は
4000×5000の矩形に厚さ200の壁を作図する場合、4000×5000の矩形をポリラインで引き、グローバル幅を200にすることでできます。


“実務で使えるAutoCADコマンド・テクニック集(1)” の続きを読む